MIDI一覧表
これまで作成したMIDI曲の一覧です。残念ながら著作権のため公開できません。
とりあえず歌手別にしてみましたが、デュエット、合唱曲は適当に割り振っています。また同一曲を他の歌手がレコーディングしている場合も同様です。

 2017年7月24日現在 3244曲 春の絵日傘(早川雄三)




青木光一
C ふるさと列車 C 柿の木坂の家 C 月のおけさ船 C 元気でねさようなら C 小島通いの郵便船
E 青春パソドブル C 早く帰ってコ C 男の友情 C 僕は流しの運転手 H 流れの三人旅
H 涙の終列車 H 夜風の男 C 恋の旅路  H ザビエルの鐘  H 愛呼ぶギター 
E 夜更けの待合室 H 元気で歌およ  H 島の出逢い船  H 君に誓いし  H 上陸第一歩 
H 港の乾杯 E 緋牡丹日記  E 湖畔の駅に雨が降る  E 月の朝鮮海峡  E 虹より淡く 
E 潮来の兄妹 H ぐみの木峠  P 愛染かつら  E 君あればこそ  H 仙台ワルツ 
E 流転の月 E ふるさとの駅       

青葉笙子
P 砂丘を越えて C 銃後だより P 千曲流れて P 夢の城ヶ島 E 銃後ぶし 
P 夜汽車の窓で P 黒いトランク  P 時代の乙女  E 旅笠しぐれ  E 御嶽別れ唄 
E 越路の月 E 泪の国境  P 戦場撫子  E お湯の町から伊香保から  E 月の城ケ島 
E 大島つばき E 出島の月       

浅草〆香
E 雪の旅路 C 東海の顔役 C 流れ三味線 E 雨の妻恋坂   

朝倉ユリ
C 第三号倉庫 E 夜更けのジュークボックス H 霧の航空灯台     

有島通男
E 春まだ浅く E 蒙古旅愁 E 悲しき酔いどれ  E さすらい艶歌  E 吹雪の高原 
E 人生航路の歌        

淡谷のり子
C 雨のブルース C 君忘れじのブルース C 思い出のブルース C 私この頃憂うつよ C 東京ブルース
H 青い小径 C 別れのブルース H 鈴蘭物語 C 白樺の小径 E 雨の東京 
H 佳人よ何処へ E 夜のタンゴ  P 来る来るサ−カス  P 誕生日の午後  E 東京の女性(処女の夢) 
P 東京ルムバ  E 星降る港のブルース  E 嘆きのブルース     

安藤まり子
H 草原の幌馬車 C 毬藻の歌 E 白樺の小径 P りんごの花びらこぼれる駅に    

井口小夜子
H 日輪兵舎 E 嘆きの姉妹鳥 E 乙女十八  P 谷の白百合  E 紅孔雀 
E わすれな草  E 軍国の乙女       

池 真理子
E 流れる星は生きている  P ダリアの恋  E 星ふる汀  E さよならワルツ   

石井千恵
H 月の出ぬ間に C 吹けよ木枯らし E 背戸の杏  E 忘られた花  E 港の午後三時 
E おさげマドロス  P あの日あの頃 H 熱い思いを  E おちゃっぴギター  E 椿また咲く 

石原裕次郎
C 俺は待ってるぜ C 錆びたナイフ C お前にゃ俺がついている C 口笛が聞こえる港町 C 明日は明日の風が吹く
E 俺はお前に弱いんだ         

井田照夫
H 利根の船頭唄 H 戦線春だより E 水郷子守唄 E 浪花節と兵隊  E 利根川夜情 
E 母と兵隊  P 曠野の病院車  E 南北戦線だより  E 戦地の兄より   

市丸
C 天龍下れば E 坊や抱いて C 三味線ブギ  E 国境想えば   

一色皓一郎
E ビルの窓から P 歓喜の前進 E 黄昏の駅で  E 幌馬車の娘 H 街の小鳥 
E 人生の港 E 東京の屋根の下       

一戸竜也
E 若い仲乗りさん E 東京の流れ星  E アリラン超えて  E 波止場は二人で泣くところ   

伊藤久男
C あざみの歌 C お島千太郎旅唄 C たそがれの夢 C オロチョンの火祭り C サロマ湖の歌
C シベリアエレジー C ブラジルの太鼓 H 霞む水郷 H 機上の歌 C 暁に祈る
C 熊祭りの夜 C 君いとしき人よ C 湖上の尺八 C 高原の旅愁 C 山のけむり
C 熱砂の誓い H 馬 C 白蘭の歌 C 父よあなたは強かった P 別れ来て
C 夜更けの街 C 夕月の歌 H 母あればこそ E 夢に故郷を  E あゝ逢い見ての 
H 大利根しぐれ H 高原の慕情  E 旅の三味線  H ふるさとの雨  H サビタの花 
E 泣くな若人 E 歌で暮らせば  E 母呼ぶ鳥  E 故郷の灯り  E 秋風街道 
P 草山に P 佐々木小次郎旅姿  P 海の進軍  P 戦友の唄  E 高原の悲歌 
E あゝふるさとは雲の果て E 忠臣蔵の唄  P 還らぬ荒鷲     

岩本きよみ
E 月の花嫁舟 E 三浦三崎で恋をして E 三味線クンパルシータ     

上原 敏
C いろは仁義 C 鴛鴦道中 C 泣き笑いの人生 H 暁の塹壕 P 沓掛街道
H 月下の進軍 H 国境線万里 C 妻恋道中 C 上海だより C 親恋道中
P 吹雪の夢唄 C 声なき凱旋 H 男晴れ姿 H 追分道中 C 徳利の別れ
C 南京だより C 波止場気質 C 仏印だより C 北満だより P 娘船頭さん
P 娘田草船 H 野末の戦友 H 勇士の誓い C 裏町人生 C 流砂の護り
C 流転 P 恋の絵日傘 H すすきに祈る H 俺は船乗り H 漢口だより
H 泣くな坊や H 見たか鉄腕 H 広東だより H 新月手毬唄 H 槍は錆びても
H 大陸だより H 男ひとたび H 男船乗り H 熱砂のいななき H 箱根おろし旅の唄
H 北京だより H 木曾の流れ唄 P 旅姿峠の唄 H 霧の波止場 C 落葉しぐれ
C 勇士の純情 E 泣くな坊や  E 曠原に咲く花  E 曠野の進軍  E 露営の一夜 
H 利根の夜嵐  H 男の旅唄  E 渡世がるた  E 春雨草紙  E 月明の曠野 
E 涙の親子旅 E 遠い湯の町  E 親ごころ旅の唄  E 木曾の祭唄  E 妻恋旅姿 
E 好いていたのに E 希望の朝  E 黒船情話  E 恋の編笠  E 唄うマドロス 
E 男なりゃこそ  E 月の木曽路  E 母恋しぐれ  E 居留地の灯  E 告知板 
E 微笑む青春 E 五台粛清の歌  E 世紀の寵児  E 夫婦船頭  E 希望の彼方 
E 安兵衛ぶし E 鴛鴦春姿  E 石松旅だより  E 街の波止場  E 夜霧の出船 
E 哀しき夢 E 恋慕新調  E 娘突進     

宇都美 清
H さすらいの旅路 C ハワイ航空便 H 浅草紅団 C 浅太郎月夜 H ふるさとの船唄
H 潮来月夜唄 H 湯の町よさようなら H 母恋がらす E 流れの二人旅  H 木曽路の鴉
E 別れの幌馬車  E 大利根流し唄  H ギター夜曲   E 高原の夜  E さすらい月夜 
E 愛染月夜 E 裏町シャンソン  E 城ヶ島の夜  E 湯の町しぐれ  E 利根の船唄 
E マドロスシャンソン E 泪の旅路  E 旅の流れ星  E 大利根祭り唄  E 木曾の渡り鳥 
E 犬姫様 E 男泣かねど  P 三千歳小唄  E あゝヒロシマの鐘は鳴る  E さらば淡路の港町 
E 水郷悲歌  E 東京の空の下       

榎本美佐江
C お俊恋唄 P 後追い三味線 H おぼろ月十三夜 H 瀬戸の子守唄  E 天龍未練笠 
E 舟唄ちどり  E 哀しき二人旅  E 花嫁椿  E 千太恋しや  E 香蘭悲しや 
E 十五夜島田 E 三味線一代  E 夫婦花笠  E お別れさのさ  E 釣り船夜舟 
E 山びこ峠 E 加茂川夜曲  E 夕月化粧  E 忘れじの十三夜   

近江俊郎
P さすらいのギター H たそがれの湖 H ギター恋慕 C ハバロフスク小唄 C 愛の灯かげ
P 君の移り香 E 港の夜霧 H 高原の夢は悲し C 黒いパイプ C 山小舎の灯
C 想い出は雲に似て C 湯の町エレジー H 湯の町シャンソン H 湯の町月夜 P 湯の町物語
C 湯の町夜曲 C 南の薔薇 C 悲しき竹笛 C 別れの磯千鳥 P 夢も短く
P 涙のおもかげ E 水郷月夜  P 僕の東京  H 山鳩の宿  H 思い出月夜 
H 湖畔のエレジー H 忘れないよ  E 広東航路  E 処女宝の歌  E 散るは儚い紅椿 
P 新愛染かつら  E 思い出の喫茶店  P 忘れじの丘  E 初恋の港  P 湖畔の赤い灯 
P 東京恋し  P 水車小屋の花  E 明るい雨  E あゝ草原に陽は落ちて   

大木 実
H むせび泣く波止場 H 青い夜霧の港町 H 青い錨の刺青  E 東京ノスタルジャ  H しのび泣く青春 
H さよならシャンソン         

大野一夫
C たそがれの星 H 椿の島のポンポン船      

大津美子
C いのちの限り C ここに幸あり C 銀座の蝶 C 純愛の砂 H 青い月夜の並木路
C 東京アンナ C 流れのジプシー娘 H 千鳥のブルース  E 博多エレジー   

小笠原美都子
C 十三夜 E 名残の月影 E 海鷲の妻  E 伊那の朝霧  E 伊那のふるさと 
E 小夜ちどり E 初恋の丘       

小川耕平
E 雨の夜船 H 沓掛時次郎(二代目北廉太郎) E 涙の親子鳥  E 窓にもたれて  E 恋の幌馬車 

岡 晴夫
C ああ大黄河 H みなと東京 C パラオ恋しや H 雨の進軍 H 黄昏出船
C 花の広東航路 H 艦上機恙無し H 空は晴れたよ昭南島 C 広東の花売娘 C 港シャンソン
C 国境の春 H 山は晴れたぞ C 上海の花売娘 H 親鳩子鳩 H 晴れの首途を
C 赤い夕日は砂漠の果てに H 戦場の母 H 足並みそろえて H 地平の彼方へ E 南京の花売娘(都南京)
C 南京の花売娘(緑の光) H 夢の蘭燈 C アンコ可愛や H グッドバイ東京 C ニュートウキョウソング
H 輝く出船 C 港に赤い灯がともる C 港のエトランゼ C 港ヨコハマ花売娘 H 小鳩は泣けど
H 小鳩椿 P 心の小鳩 C 青春のパラダイス C 船は港にいつ帰る E 男の涙(熱い涙)
C 男の涙(夜の裏町) C 東京の花売娘 C 東京の空青い空 P 東京パラダイス C 憧れのハワイ航路
H 憧れのブルーハワイ H 旅行く小鳩 H 涙の小花 H 涙の小鳩 C 啼くな小鳩よ
P 哀恋ブルース C 逢いたかったぜ H 伊豆は湯の町 H 街の波止場 H 幸福はあの空から
H 港雨降れば H 三等車の女 H 若いマドロスさん H 舟で送ろう H 星を呼ぶ歌
H 晴れて逢う日を H 青い星影 H 青春パソドブル H 赤いランプの貨物船 H 男の悲歌
P 長崎の花売娘 H 途中下車 H 東京神戸長崎 H 馬車は揺れ行く H 別れの夜霧
H 霧笛のブルース H 旅に流れて H なつかしの東京航路  H 御神火つばき  E 哀恋航路 
E 銀座の花売娘 E 日本男児ここにあり  P 山はふるさと     

岡本敦郎
C あこがれの郵便馬車 C さくら貝の歌 C チャペルの鐘 P ビルの窓から C ピレネーの山の男
C リラの花咲く頃 P 花のいのちは H 街の艶歌師 C 高原列車は行く C 自転車旅行
H 汐鳴りの丘 C 青いガス燈 C 朝はどこから C 白い花が咲く頃 H みどりの馬車
H 我が故郷は遠けれど E 赤城育ち E アカシヤの花  E 麦踏みながら  H 美しい乙女 
E すすきの丘 E あじさいの唄  H 高原の花  P ここは静かなり  P 波間の灯 
P 野菊の小径  E すずらんの花  E 春の足音  E まぼろし慕いて  E 巣鴨の母 
E 美わしの志賀高原  E たそがれの旅愁  E 純情の果て  E 赤き灯り  H ちぎれ雲 
E 恋の紅あざみ E ふるさとの歌  E 山百合の花     

奥田英子
C 緑の月 E 南国の乙女 E 愛の暴風(橋本一郎)  E 銃後の赤誠   

音丸
C 満州想えば H 君は満州 H 満州吹雪 C 皇国の母 H 皇国の妻
E 主は国境 C 船頭可愛いや C 下田夜曲 C 博多夜船 E 花嫁行進曲
E 浮世旅 E お別れなのね  E 夫は嬉しいパイロット  E 君はシベリア  P 佐渡は四十九里 
P 伊那の夕月        

小野 巡
H 宛なき手紙 C 音信はないか H 開かぬパラシュート C 涯てなき泥濘 H 九段の父
H 月の塹壕 H 示せ銃後の真心を C 守備兵節 H 手向けの喇叭 H 殊勲をたてて
H 吹雪の進軍歌 H 生命線ぶし C 西湖の月 H 戦線夜情 C 祖国の護り
H 対峙の夜 H 届け銃後へこの心 H 白菊添えて H 夢の鉄兜 H 篝火囲んで
P ペダル進軍歌  E 野菊の勇士  P 円タク行進曲  E 船は港へかえれども  H 赫い夕陽を背にうけて 
E 人生航路 E 春風千里  P 別れの杯     

小畑 実
C ああ高原を馬車が行く C おしどり笠 C そよ風のビギン C アメリカ通いの白い船 C ロンドンの街角で
C 花の三度笠 C 勘太郎月夜唄 H 希望の海 C 高原の駅よさようなら C 山の端に月の出る頃
C 小判鮫の唄 C 星影の小径 H 男の行く道 C 長崎のザボン売り P 長崎の街角で
P 東京の青空 C 湯島の白梅 P 憧れはアメリカの空へ P 虹の都 H 波止場シャンソン
E 霧の夜汽車 H 霧降る高原の駅で P 遊侠の群れ E 旅姿勘太郎 H 涙のチャング
C 薔薇を召しませ H この太陽 H ふるさとの空 H 島の灯台 H 湯の町流し唄
H 夜霧の駅で C 雨のダンスパーティー E 小太刀を使う女 P 別府エレジー P ロマンス娘
H 雨の裏町 H 港の灯り H 処女雪 H 湯島通れば  E 東京物語 
H 長崎のランタン娘 E 白虎の歌  E 月影のロマンス  E 想い出のうつし紅  E 伊那節しぐれ 
H 君をたずねて  E 君なくて  E 流れ舟かよ  E 浮世の流れ鳥  E ふるさと列車 
E さよならパーティー  E 涙の人生航路  E 緑の処女地 E ロマンス東京  E 函館のランタン娘 
E 連絡船の女 E カプリ島の夜  E アンジェラスの鐘  E 僕等の海  E 世紀の友情 
E 女ごころを誰か知る P 白い夜霧  P まごころの歌  E パラダイスホノルル  E 夢は丘の彼方に 
P さすらいの踊り子 P 草笛の丘 P 恋の赤坂舞扇  P 湖畔に月の出る頃  H 忠治流転笠 
E 今宵別れて P 粂吉小唄  P 外国航路の船が往く  E 散歩しましょう  E 星のまたたく小径 
E いとしのタイヤル娘 E パラオ通いの白い船  H 新太郎街道  E 愛の旅路  E 長崎悲歌 
E 純情日記 E 花の巴里の街角  E あやつり道中  E 夜霧の湖畔  E 昭南航路 
C 夢のホノルル E 残菊物語  E 愛染道中  E 新しき天  E 江戸の流れ星 
E 別れの夜 E お坊主天狗  E 伊那の朝霧  E 戻り旅でござんす  E ナポリの街から 
E 勘太郎いつ帰る E 湯の町しぐれ       

織井茂子
H 君の名は H 狩勝の美少年 E 東京無情  E 牧場のロザリア  C 黒百合の歌 
E 薔薇は我が想い        

神楽坂はん子
C こんなベッピン見たことない C こんな私じゃなかったに C ゲイシャワルツ C 見ないで頂戴お月様 C 湯の町椿
H 博多ワルツ H 女ごころの十三夜 E 女旅役者の唄  E 初恋日記  E 爪弾きタンゴ 
E だから今夜は酔わせてね H ゲイシャブルース  H 湯の町ながし     

春日八郎
P あれから十年たったかな C あん時ゃどしゃ降り C ごめんヨかんべんナ C ふるさと郵便 C ギター流し
C トチチリ流し C 雨降る街角 C 俺と影法師 H 街の潮路 C 街の燈台
P 街の霧笛 C 居酒屋 C 苦手なんだよ C 月の嫁入り舟 C 故郷は遠い空
C 小雨の駅にベルが鳴る C 青い月夜だ C 赤いランプの終列車 P 男なりゃこそ C 男の舞台
H 博多ながし C 浮草の宿 C 別れの一本杉 C 別れの燈台 C 別れの波止場
C 母の便り H 夕暮れ峠 C 裏町夜曲 C 旅の燈台 C お富さん
C ふるさと無情 H 雨の裏街 C 街角の雪女 C 郭公啼く里 C 妻恋峠
C 嘆きなさんなマドロスさん H 島の燈台 C 瓢箪ブギ H 夢があるから H 霧の裏街
H 夕焼け雲の歌 H 流転がらす H 浪速夜曲 P 諦めた恋 H 嘆きの城ヶ島 
H 月夜からす H 海の若人  H 流転子守唄  P 次郎長旅しぐれ  H 流転の夜 
E 俺は海鳥 E 東京運河  E 帰ろう日本海の故郷へ  E 直侍  P 涙のジャガタラ船 
E 月の渡り鳥 E 街の枯葉  H いとしの千代さ  E ギター泣かせて  E 浅草ながし 
E すすり泣く恋 E 瞼の母  E 雪之丞変化  H サーカス人生  E 旅路遥かに 
H サーカス人生 E 青い海原       

加藤 勉
E 並木の馬車 E 夢よいずこ E 東京スタイル  H 青い月だよ   

川路公恵
E 涙で祈れば P 恋のクーニャン      

河原喜久恵
C 月の浜辺 C 麗人の唄      

神戸一郎
C 十代の恋よさようなら C 銀座九丁目は水の上 C 別れたっていいじゃないか E 恋人を持つなら   

菊池章子
E 九段の妻 H 九段ざくら C 湖畔の乙女 C 支那むすめ C 春の舞妓
C 星の流れに C 母紅梅の唄 C 岸壁の母 H 浅草物語 H 母笛子笛
H 乙女舟唄 E かりそめの夢  P 四人の母 E 十九の秋  H 愛の十字路
E 嘆きの花傘  E 泣いて流れて  E 母子草  E 浅間は昏れて  E 母波 
H 河岸の柳に  E 母子船唄  E 思い出の聖橋  E 岸壁の妻  E 母の湖 
E 潮来夜曲 P 浮世絵姿  E 伊豆の山鳩  P 女は愛に生きるもの  E 流れ行く女 
E シャンソンド東京 E 未練あやめ  E 愛の乙女鳥  E しぐれ旅笠  E 愛情の塔 

如月俊夫
E 牧場の丘 E 朝顔日記  E 君呼ぶ丘  E 夢のオランダ船  E 南進航路 
P 廃墟に立ちて        

北 廉太郎
H かたむく月影 P 伊豆の故郷 H 港は雨 P 黒竜千里 H 佐渡の故郷
H 支那の町 H 若き日の歌 C 出船の唄 H 心の子守唄 C 進軍の一夜
H 青春の丘 C 潮来夜船 H 天城越ゆれば H 夢のゆりかご C 旅の子守唄
P 追憶の馬車 P 再見上海 P ボルガ旅愁  E また逢う日まで  P 望郷の唄 
E 白樺月夜 E 恋の海峡  P 希望の星  E ピエロ流し  E 赤城恋しや 

君和田民枝
E みれん涙 E オリーブの花咲く島  E 乙女心の真珠星     

霧島 昇
C あの夢この歌(二葉あき子) C そうだその意気(李香蘭) H なつかしの蕃社(菊地章子) C 愛染草紙(ミス・コロムビア) C 愛染夜曲(ミス・コロムビア)
C 黄河を越えて H 仰げ軍功(二葉あき子) H 思い出の記 P 思い出夜曲(奥山彩子) H 春の大空
C 純情二重奏(高峰三枝子) C 勝利の日まで C 赤城しぐれ H 赤城の月 H 赤城ブルース
C 相呼ぶ歌(菊地章子) C 誰か故郷を想わざる H 日本の妻(奥山彩子) C 目ン無い千鳥(ミス・コロムビア) C 旅の夜風(ミス・コロムビア)
P 涙の三人旅(音丸) H さすらいの舞姫 C ギター月夜 H マドロス子守唄 H 伊豆の夕月
C 一杯のコーヒーから(ミス・コロムビア) H 乙女舟(奈良光枝) C 希望に燃えて H 希望の彼方 C 胸の振り子
H 君は心の白椿 C 故郷の白百合(松原 操) C 湖畔のギター C 三百六十五夜(松原 操) C 石狩エレジー
C 赤い椿の港町 H 想い出は懐かしきかな P 母燈台 P 裏町セレナーデ(二葉あき子) C 旅の舞姫(二葉あき子)
C 旅役者の唄 C 涙の駒鳥(二葉あき子) C 麗人の唄 H 浪速女 E 僕の思い出 
E 思い出の江の島 E 北満ひとり旅  E 花咲く銀座(松原 操)  H 新妻模様(松原 操)  E 人間模様 
H 目ン無い化粧(島倉千代子) H 夕月峠  H 酒に嘆きを  E 朝霧の歌(奈良光枝)  H 愛情一路 
E チョコレートと兵隊  E 愛染ながし  C 露営の歌  E 旅の喫茶店で  E さらば青島(香取みほ子) 
E 丘のそよ風 E 明日の運命(渡辺はま子)  E 岬まわれば  E 花の亜細亜に春が来る  E そよかぜ 
E 涙のすみれ E 元気で行こうよ  E 悲恋模様  E 別れゆく花  E 紅雀の歌 
E 別れの灯台椿 E 旅芸人の唄  E 元気で行こうよ  P 男のまごころ  E 泣くな小島のかもめ鳥 
E 恋の十三夜 E 旅役者の唄(渡り鳥かよ)  P 愛の山河  P 乙女の純情  P 続露営の歌 
P 春之助の唄 P 男の真情  P 別れの夜霧  E 恋の唐人船  P 青春の約束 
P 国境の灯 P 落葉ざんげ  E 父なきあと  P 曠野の花  P 港のカチューシャ 
P 木曽路の旅唄 E 浮草一座の唄 E 利根の恋唄  P 愛の紅椿  P 素晴らしき首途 
H 湖畔の花 E ふるさとの歌  E ちぎれ雲     

久慈あさみ
C 女豹の地図 E 霧の港のリル  C 恋人  E 天城月夜  E 青い港のビギン 

楠木繁夫
P さむらい鴉 C ハイキングの唄 H 愛の山河 C 愛の子守唄 H 月の小島
H 口笛吹いて P 紅椿の歌 H 紅燃ゆる地平線 C 轟沈 P 国境を越えて
P 紫匂う地平線 C 慈悲心鳥の唄 H 時代の霧 H 蛇姫草紙 H 蛇姫道中
C 女の階級 C 真実一路の唄 C 人生劇場 C 啄木の歌 H 丹下佐膳
C 男のまごころ C 白い椿の唄 H 旅の朝霧 C 緑の地平線 P 湯の香恋しや
P 湯村夜曲 E 我が家の窓の灯 E 月夜柳 E 大陸旅情  E どうじゃね元気かね 
E たそがれの広告塔 E 征空行  P ハルピン恋し  P 興安吹雪  P センチメンタル銀座 
E 若いのはおよし P 青春東京  P 潮来シャンソン  P 木曽路の旅笠  E 鈴蘭夜曲 
E 女性本願  E チョコレートと兵隊  C のばせばのびる  E 吹雪のトロイカ  E 愛のトロイカ 
E マニラの月 E 山は微笑む  E 白き処女地  E 赤城颪の唄  E 恋のタンゴ 
E 利根の舟唄 E 思い出の喫茶店  H 水郷の唄  H 胸をたたいて  E 陣営の笛 
P 涙のバラライカ  P 愛の夜嵐  H 山岳の唄  P 戦いの街に春が来る  E 偲ぶ故郷 
E 露営の歌 E 緑の朝  E 落城のたそがれ     

久保幸江
C トンコ節 C ヤットン節 H 母子鶴の歌  E かまぼこ娘  H 旅寝鳥 
E 加茂川夜曲 C 夜ごとの溜息       

小唄勝太郎
P さくら音頭 C 佐渡を想えば C 大島おけさ H 大島情話 C 島の娘
C 東京音頭 C 明日はお立ちか H 恋のお七 E 娘ごころ  E 勝太郎子守唄 
E 満州ぐらし E 湯の町しぐれ  P 勝太郎くずし  E 佐渡の夕波   

児玉好雄
P 愛馬行 P 無情の夢 E 人生大陸 E 上海タンゴ  E 男の行く道 
H 流転の夢 E 男の行く道       

小西 潤
E 波止場月夜 E 旅路の酒場 E 峠の乗合馬車  E 峠の旅役者   

小林千代子
E 雨の哀愁 C 椿の丘 H 利根の朝霧 C 旅のつばくろ C 涙の渡り鳥
H 恋の東京 H 流れの浮草 H 見果てぬ夢 E 女次郎長  E 娘ごころ上州路 
C 神風だから E 旅の踊り子  E たそがれの北京  E 若しも男であったなら  E 戦野の白百合 

近衛八郎
C あゝわが戦友 P 信濃の夜霧 P 愛馬よさらば     

コロムビアローズ
P りんごの花は咲いたけど H からたちの花は咲いたけど C しあわせはどこに C どうせひろった恋だもの P ふるさとのリンゴ馬車
C 哀愁日記 H 愛しきはあの人 C 渡り鳥いつ帰る C 東京のバスガール C 娘十九はまだ純情よ
C かりそめの唇 E 街角の花売娘  H はまなすの花咲けば  H 君は花の如く  H 淡路島エレジー 
H 花ふたたび E 夜霧のガス灯  E チャイナの波止場  E 君偲ぶ月かげ  E 花の慕情 
H 旅路の花 H プリンセスワルツ  H こころの小雨  E ロマンスガイド  E 雨の港の連絡船 
E 赤い夕日の丘越えて E ふるさとへの夜汽車  E 小豆島の乙女  E 鈴蘭の花は咲いたけど   

櫻井健二
E すみれ飾って E 吹雪の曠野 C 月下の歩哨  P 出島の雨  E 君と散歩 
H 漢口だより E 俺も男だ  E 母を慕いて  E 長江舟唄  E 放浪の哀歌 
E 愛すればこそ E さすらい日記       

桜井 稔
E 旅のギター弾き E 湯の町椿 E あんこ愛しや  H 温泉の町に雨が降る  E 哀愁の佐渡航路 
E 雨の湯の町        

佐藤千夜子
C 唐人お吉の唄 C さすらいの唄 C 東京行進曲 C ゴンドラの唄 C 船頭小唄
C カチューシャの唄        

サワ・サツカ
H 想い出の蕃山 E 蕃社の娘      

三條町子
C かりそめの恋 P まぼろしの君 C 東京悲歌 H 白樺の町 H 夜霧の汽笛
H 母椿の唄 H 君よいずこ H 思い出のランプに灯を入れて H 雨の出船  H 旅の踊り子 
P 恋の火の鳥 P ヨコハマブルース  E アリラン峠  E まぼろしの馬車  E かりそめの夜 
E 涙呼ぶブルース E ゆううつな夜       

三丁目文夫
E 雨の天城路 E 洋灯の下で  E 喇麻の灯影で  E 砂丘の旅  E 港よさらば 
E あの娘あの街        

塩 まさる
C 九段の母 C 軍国子守唄 C 月下の吟詠 H 国境の乗合馬車 C 母子船頭歌
H 赤城月夜 H 男の誓い H 雨の進軍譜 H 船頭月夜 H 国境だより
E サーカス哀歌 E 純情の花 P 戦地から故郷から  C 涙の子獅子  E 高粱焚いて 
H 岬の夕月 E 青春の曲  E 水郷物語  P 流転子守唄  H 従軍手帳から 

柴田つる子
C 港に灯りがともる頃 E 笛を吹きましょう月の夜は E 鈴蘭ブルース     

島倉千代子
P あの人は今日帰る C おもいでの花 C おもいで日記 p お別れ雪ン子 C からたち日記
C この世の花 C さすらいの花 H はるかなる道 C りんどう峠 C 逢いたいなあの人に
H 一人ぼっちの波止場 H 永遠に答えず C 乙女心の十三夜 C 乙女心は寂しいね C 海鳴りの聞える町
P 山のけむりよいつまでも C 思い出さん今日は P 初恋の人さようなら P 青い潮(夢のせて) C 東京だよおっ母さん
C 東京の人さようなら H 布良の娘 C 忘れ得ぬ人 C 明日になれば C 涙の白粉花
C 花散る下田 H 里子月夜  E 牧場の姫百合  H 母恋い京人形  E 夕月子守唄 
E 小島の母灯台 E 温泉の姉妹  E 炎の氷河  E 月子の歌  E ふるさとの花 
E 好きなお方は旅鴉  E 雨の花笠  E 流れの旅相撲  E 島のわかれ船  E 港は恋の南風 
E お別れ波止場  E 白樺物語  E 遠い人  H 別れの茶摘唄  H 木曾の花駕篭 
E 街に咲く花 H なに見て泣いたえ  H ただあなたゆえあなたゆえ  H しのぶ旅唄  E 涙の花摘日記 
P 恋ゆえの花 E さすらいの浜辺  E あの人は優しかった  E 八丈子守唄  E 東山心中 

志摩光一
E 母の歌 E さすらいの夢 E 黄昏の街(島村弘二)  E 故郷は遥か(八洲彰男)  E 相呼ぶ窓 

志村道夫
C 蛇姫絵巻 E 雨の銀座 E 青空の夢     

東海林太郎
C お柳恋しや C さらば赤城よ C ふるさと欲しや C キャラバンの鈴 C 湖底の故郷
C 国境の町 C 山は夕焼け C 春の悲歌 C 上海の街角で C 赤城の子守唄
C 大地の春 C 忠治子守唄 C 土と兵隊 C 麦と兵隊 C 琵琶湖哀歌
C 母をたずねて C 夢の竜胆 C 名月赤城山 C 利根の夜船 C 旅の朝霧
C 旅笠道中 P 恋の鳥 C ああ草枕幾度ぞ C お駒恋姿 C むらさき小唄
P ジャワ旅愁 C 綾乃の子守唄 H 鴎さよなら C 黄昏の戦線 C 下田しぐれ
C 海のみなしご H 街の子守唄 C 吉さま人形 H 九段のさくら C 高瀬舟
C 城ヶ島夜曲 H 人生航海 C 青葉の夢 C 戦場の子守唄 C 踏み絵
C 南国の夜 C 旅芸人の唄 C 母いずこ C 母に捧ぐる歌 H 夢のふるさと
P 霧の港の灯がうるむ C 野崎小唄 C 流転祭り唄 C 旅寝の夢 P 恋のクーニャン
C お夏清十郎 C すみだ川 C 雨の夜船 H 河原月夜 C 軍国舞扇
C 三味線やくざ C 陣中髭くらべ C 大尉の娘 C 部隊長と兵隊 H 落葉街道
H 旅で暮らせば H 旅の磯千鳥 H 浅間しぐれ H 吹雪に暮れて H 浅太郎しぐれ
E 涯はどこやら E 維新の次郎長 E 街道茶つみ唄 E 虹よ消ゆるな  C 丹下左膳の唄 
E 南国の船唄 E 黄昏道中  E 遠き日の夢  E 酒場がらす  E 旅の悲曲 
E 夢の母 E 大陸の夜  E 誇れ青春  E 安積疎水賛歌  E 赤城かりがね 
E 雪と兵隊 E おぼろ月夜  E 江戸の花道  E 戦場初舞台  E 浮世忍び笠 
E 博多小女郎浪枕 P 幌馬車はゆく  P 妻恋子守唄  P 故国よさらば  P 北の国境線 
P 日暮れの馬車  P 旅すがた東海道  P 煙草と兵隊  P 夕霧小唄  P さすらいの恋唄 
P 小諸追分  P 国境の幌馬車  P 国境嵐  P 街の宝石  P 沓掛子守唄 
P ハルピン夜曲  P 與三郎小唄  P 湖底の村  P 蒙古の町  P 恋の雪洞 
P 瞼の里唄 P 夢を追いて  E 隅田夜鳩  P 風の彌太郎  P 青空に唄う 
E 人生流転 H ギター長恨歌  H 大陸の歌声  E 新宿セレナーデ   

白根一男
C 君恋ギター C 次男坊鴉 C 夢呼ぶ海の歌声 C 面影いずこ C 夕映えの時計台
E 十和田湖哀歌 H 泪の船唄   H 五分前  E 夜霧の酒場  E 花の絵筆 
P 青春は雲の彼方に  P 花の渡り鳥  E 伊豆の旅役者  E 伊豆の虹  E 潮来舟 
E 思い出航路 E 水平線の彼方に       

新橋喜代三
C 明治一代女 C お伝地獄の唄      

新橋みどり
H 国境ぶし E 曠野の夕陽 C 秦の娘 E 軍港千鳥   

菅原都々子
H 胸に哀しい灯がともる C 月がとっても青いから C 江ノ島悲歌 C 佐渡ケ島悲歌 C 憧れの住む町
C 憧れは馬車にのって C 悲恋椿 C 片割れ月 C 母月夜の唄 C 母人形の唄
H 踊りつかれて C 連絡線の唄 H 江ノ島夜曲 H 母千鳥の唄 E 東京地図 
H 母恋星 E 母すがた  E 夢を明日に  H はぐれ小鳩  H 博多エレジー 
H 江ノ島月夜 E トラピストの鐘  H 散りゆく花  H 木浦の涙  E 帰らぬ人 
E 東京の紅ばら E 白浜千鳥  E 洋車に乗って  E 嵐の孤児  E 母山彦 
E 名古屋エレジー E 花の旅笠  E 紅涙草  E 千曲川哀歌  E 父恋峠 
E 夕月峠 E 恋のこけし人形  E 君待つ港  E 呼子星   

鈴木正夫
E 麦と兵隊 E 月と兵隊 E 月に故郷の唄がある E 戦線日記  E 雨の戦地で 
E 露営の星の下 E 坊やお聞きよ  E 国境通信  E 覚悟はよいか   

鈴木三重子
C むすめ巡礼 C 愛ちゃんはお嫁に H 駕籠の鳥エレジー H 南国土佐を後にして E 浮草小唄 
H 兄さは東京で嫁もろた H 小雨の乗り換え駅  H 七重浜エレジー(針谷謙二)     

瀬川 伸
H 港神戸のマドロスさん C 上州鴉 H 北満列車 H 明星鴉 E 高原の幌馬車 
E 君が心の妻 H 春の港は  E 岬の一本松  E 夜霧の岬  E 港のプラタナス 
E 横浜のマドロスさん E パラオ航路のマドロスさん  E 海の風来坊  E パラオの真珠採り  E 港シスコのマドロスさん 
H 街の船乗り E 海南島の月  E ピリカの花売娘  P 虹の花咲くニューヨーク航路  P 愛の二重唱 
P 祖国の灯 P 若君罷り通る  P 夏祭り三度笠  E 銀座ラプソデー  P 雨降る窓 
E 甲州鴉 E 遠州鴉  E 男けんか笠     

関 種子
C あけみの唄 C さらば上海 C 雨に咲く花 C 千人針 C 窓に凭れて
C 嘆きの夜曲 C 朝顔の唄 E 美わしの宵  E 笛は冴ゆれど  E 秘めたる恋 
E 白樺の丘        

曽根史郎
E ギター泣かせて C 花のロマンス航路 C 若いお巡りさん H 小雨の終着駅 H 天城悲歌
H 夕焼け地蔵さん H 淡路の千鳥  H 君慕う唄  E 東京ムード  H 瀬戸の船頭さん 
E 夕月船頭さん E 湯の町ギター  E ジョッキで乾杯  E 名残りの岬  E あゝ東京の灯が恋し 

高倉 敏
C 恋のマドロス H 青空人生 E うるわしの南十字星  E 若い口笛  P 銀座ダンディ 
E マドロスシャンソン        

高田浩吉
C 伊豆の佐太郎 C 白鷺三味線 C 名月佐太郎笠 C 大江戸出世小唄  H 浮かれ駕篭
E 天城越えれば        

高峰三枝子
P ふるさとの灯 C 懐しのブルース C 湖畔の宿 C 今宵誓いぬ C 宵待草
C 情熱のルンバ C 想い出のボレロ C 誰に恋せん C 南の花嫁さん C 別れのタンゴ
C 牧場の花嫁さん H 南風の唄 H 母を呼ぶ歌  E アリランブルース  C 北京夜となれば 
H 燃える瞳 E 嫁ぐ日近く  E 春は私の胸にある  H しのび泣くブルース  E 早春の賦 
E 純情渡り鳥 P 雨ぞ降る  P 雨のバラ  P 青い花  P 並木の午後 
H 雪降る窓辺 P ひまわりの花  E 乙女の青空     

高峰麻梨子
E さすらいの歌姫 E 温泉の雨 E 涙のながれ鳥  E ジャワの花売馬車  E 雨降る宵 
P 紫色の湖 E 港の舞姫       

高山美枝子
E 便りの馬車 E 支那のランターン E 別離傷心  E 病院船  P 流す筏も 


宝田 明
C 美貌の都 E 夜の酒場 E 純愛の花  E 黄色い枯葉  E 恋は雨に濡れて 

竹山逸郎
H 愛染橋 C 異国の丘 C 月よりの使者 P 国境のバラライカ C 今日われ恋愛す
E 仙太利根唄 P 浅草の肌 H 大江戸七変化 C 誰か夢なき C 熱き泪を
C 別れの夜汽車 H 母恋船唄 C 流れの船唄 E 涙の花くらべ H 涙の酒場
C 泪の乾杯 E 武蔵野エレジー  E 浅間夜嵐  E こころ妻  E おもいで柳 
E 純情酒場  E 純情子守唄  E 三つの真珠  E 恋も涙も夜の雨  E 白い小鳥 
H 浅間月夜  E 涙の流し唄  E 信濃のばら  E ロマンス航路  H 月の大利根 
E 母恋草 E 沼津夜曲  E 夜の細雪  E 母恋峠  E 枯れた花園 
E 旅路の果ての港町 E 唐人夜船  E 国境の船唄  E たけくらべ  E 泣くな潮風 
E 流れの艶歌師 E 高原旅情  P 見果てぬ夢  P 小雨降る城ヶ島  P 銀座三四郎 
P こころの旅路  E 大利根船唄  E 旅のエレジー  E 悲しき押し花  E 男の哀歌 
E 利根の夜船 E 異国の月  E 無情の月  E シベリヤ定期便  P 熱い涙を流そうよ 
P かいなき恋 E 霧の港町  E 花無情  E 君のためなら  E 愛の手紙 
E 異国に祈る P 銀座の雨  E 国境に咲く花     

立花ひろし
H ハルピンの丘 P 港の純情 E 人生の船唄  E 南風航路  P アリューシャンの春 
P 利根の星月夜 P 名残のパイプ  P 国境の丘  P 来たぞ郵便車  H つばさの兄弟 
E たそがれ峠 P 守れ生命線  P マドロス気質  E 吹雪の曠野   

田端義夫
E キャンプの一夜 C ダンディ気質 C 雨の屋台 H 夏草の夢 H 狭霧の月
H 兄妹 C 月下の歩哨線 C 呼子星 H 偲ぶ山唄 E 初旅ごよみ
H 上陸の夜 H 戦場の幼な子 C 大利根月夜 H 大陸男児 H 男召されて
C 島の舟唄 H 南海の小島 C 梅と兵隊 C 別れ船 C 母と兵隊
H 母のたより C 蘭の花咲く満洲で C 里恋峠 H 旅出の唄 C かえり船
C かよい船 C たより船 C とまり船 C ひとよ船 C ふるさとの燈台
C みれん船 H ロマンス航路 P 鴎泣くなよ P 花うた街道 C 海のジプシー
H 海のダンディ C 街の伊達男 C 君待船 C 月の出船 C 肩で風切るマドロスさん
H 玄海エレジー C 玄海ブルース H 湖畔月夜 C 親子舟唄 P 晴ればれ峠
C 青春三銃士 C 浅間の鴉 C 嘆きのピエロ C 波止場ブルース C 舞妓物語
C 別れ出船 H 望郷バラライカ P 涙の別れ船 C 石狩の春 P 夜船の女
E 夕陽は遥か E 街道投げ節 E 湖畔の哀歌  E 船唄人生  E 瞼の母 
H 船出の夜 H 夢のジャンク H 知るや男の純情を  E 国境千里  E さすらい鳥 
E おちょろ船 E 酒場エレジー  E 大利根夜霧  E 親恋勘太郎  E ぎおん船 
H ひとり船頭 H 知らずの弥太郎  H 海の渡り鳥  H 高原の湯の町  H 宵月ばかり 
H 名残り船唄 E 白浜悲歌  E 青空サーカス  E 花のサーカス  E 港の哀愁 
E 若き日の歌声 E 港舟唄  E 初島夜情  E 地獄の決闘  E 泣くな姑娘 
E 愛染ギター E 東京の花束  E 利根の火祭り  E 湖畔の月  E 黒龍江の船唄 
E 浜松夜曲 E 玄海子守唄  E 玄海シャンソン  E 三ン下仁義  E こがれ船 
P 灯台のあるふるさとの岬 E 祖国へ一路  P 朝霧峠  P 花うた双六  P 木曽の山唄 
P 岬のひととき E 花の二十八人衆  E ギターダンディ  E 黄昏ながれ旅  E 母恋道中 
E 岬に降る霧 H 武蔵野月夜  H 嘆きのダンサー  E 旅人月夜  H 浪人月夜 
H 島のふるさと E 岬夜曲  E 面影の花  E 面影抱いて  E 春の湖 
E 勘太郎しぐれ E 木曽路の子守唄  E 旗本退屈男の唄  E 流転赤城山  E 子別れ馬子唄 
E 戻り船  E 伊太郎獅子  E 石狩ブルース  E 青空道中  E 男の街道 
H 潮来船唄 H 島のポンポン船  H 月の港夜が更ける  E 海の十三夜  H 燈台夜曲 
H ハワイ帰りのマドロスさん E ふるさとの町       

筑波 嵩
H 男のいのち H 男のこころ E あゝ戦闘帽  P 重い泥靴  E 北海の船唄 
E 愛のいばら路 E 母子馬車  E 銃剣日記  E 男の人生  E 希望の船出 
E 別れの尺八 P 沙漠の守備兵  E 泪で立てし日の丸よ  E 日の丸馬車   

津村 謙
C あなたと共に H まぼろしの妻 H わが恋は燃えぬ H ギター子守唄 P リルを探してくれないか
H 君恋いギター C 月夜の笛 H 見果ぬ夢路 C 後追い笠 C 紅椿の唄
H 今宵かぎりの街角 C 上海帰りのリル C 赤いマフラー C 待ちましょう H 鶴姫道中
C 東京の椿姫 C 母三人の唄 H 霧の上海 H 夜汽車の女 H 流れのスター
H 流れの踊り子 C 流れの旅路 P 流転わらべ唄 C 緑の牧場 P 恋のバラライカ
E 白夜航路 H 東京悲歌 H マドロス追分 E オコタンペの紅鈴蘭  E 街の椿姫 
E 心のリルよなぜ遠い E 涙を拭きなよ  H 一筆示し参らせ候  E 希望の歌声  E 愛染香 
E 虹の峠を馬車は行く  E 泣くなカチューシャ  E 母恋がらす  E バテレン祭り  E 後追い道中 
E つばくろ笠 E 流れのジプシー  E 峠を越えたに  E 纏大名  E 御神火追分 
E 心の灯  H ご機嫌よう故里  E 花散る旅路  E 雨の並木路  E とんぼ返り人生 
E 青春の街 P アコを抱えて  P 哀愁の波止場  P お蝶哀詩  P 愛の山河 
P セントポールに灯りともる頃  P 忘られぬニーナ  H 別れの港町  P 白い手袋  P 黒雲街道の唄 
E 長崎のバテレン街 E マルーシャ可愛や  E 酒場の哀愁  E 哀愁の丘  H 明石町物語 
C 白樺の夢 H 銀座物語  E 生さぬ仲の唄     

鶴田浩二
H さすらいの湖畔 C さすらいの舟唄 C ハワイの夜 C 哀愁酒場 C 街のサンドイッチマン
C 好きだった C 赤と黒のブルース C 男の夜曲 E 東京詩集 C 弥太郎笠
H 弥太郎旅唄 C 裏町ポルカ H さすらいの灯り E 花の小次郎  E 美しい灯に 
E 若人の誓い  E ハマの三号桟橋  E 星空のワルツ  H 街角のブルース  H 街角のシャンソン 
E 国境の七つ星  E 追憶の湖  E 花薫る東京  E 雨滴れシャンソン  E ちんちん千鳥 
E あの娘まかせの港町  E 恋は終わりぬさよならと  E 長崎夜曲  P 思い出せないことばかり  E 恋の紅傘 
E おぼろ旅笠 E お芝居船       

鶴田六郎
E カタカナ忠義 H 流れの幌馬車 H 利根の小舟 C 港の恋唄 E 赤い夕陽の九段坂 
E 白蘭は咲けども  E 男の子守唄  E 君よ嘆きは捨て給え  E 長崎の精霊祭り  E 伊豆の艶歌師 
E 心の灯  E アトリエの花  E 流れの手風琴  E 憧れの星座  E 雨の夜船 
P 今宵酒場の灯のかげで  P 七彩の虹  P さすらいの恋唄  E 島の灯台守り  E さらば夜霧の港町 

ディックミネ
C 愛の小窓 C 或る雨の午後 C 雨の酒場で C 上海ブルース C 人生の並木路
H 雪の満州里 C 長崎エレジー H 東京流転 H 南京の月 C 二人は若い
H 波止場がらす C 白衣の佳人 C 夜霧のブルース C 旅姿三人男 E 恋慕比翼 
H 忘れるものか  C ゆかりの唄  H どうせ往くなら  E 東京の雨  E 想い出の上海 
E 若き日の丘 P 東京スーベニヤ  E 想い出の丘  P 青い空僕の空  E 雨の夜の喫茶店 
E 霧の中の男 P 流転の星  E ホノルル娘  E 黄河の月  E 浅太郎子守唄 
E 踊る今宵        

徳山 l
C 侍ニッポン C 夜の酒場に C 天国に結ぶ恋 C 愛国行進曲 C 日の丸行進曲
C 赤い灯青い灯 E 悲しきジンタ  E 花と兵隊  E 涙のキャラバン  C 太平洋行進曲 
E 恋に泣く E 塹壕の中で  E 塹壕の夢  E 国境を行く  

永田とよ子
C オランダ屋敷の花 E 対馬の娘 E 奄美そだち  E 涙の乙女鳥  P 利根の朝霧 
P 旅の兄妹流し E 母は嘆かず       

中野忠晴
C バンジョーで唄えば C 小さな喫茶店 C 山の人気者 C 旅がらす C 歓喜の歌

夏目三郎
E ふるさとの唄 E 椿の島が見える丘  E たそがれの湖     

夏目芙美子
E 城ヶ島夜曲 E 夢の並木路  E 夜のランプは暗くとも(羅仙嬌)  E 黄河の夢唄(羅仙嬌)   

並木路子
C リンゴの唄 E この母この子  P 微笑む青空     

波平暁男
C 月夜船 E 島育ち      

奈良光枝
H りんどうの丘 C 雨の夜汽車 C 赤い靴のタンゴ H 嘆きの孔雀 H 虹色の花
C 白いランプの灯る道 E バラ色の雲に乗せて  E 南京花轎子  E 長崎ロマンス  E 故郷の小川 
P 秋草の歌 P 女ごころの赤い鳥  P 愁海棠の歌  H 燈台のある町   

鳴海日出夫
E 島は国境の彼方へ  P 高原の旅情 H 涙のグラス E りんどうの花咲けば H 青春の馬車
E さざんかの歌 H 東京の恋唄  P 男のふるさと     

西村つた江
E さようなら青い霧 E 涙の海峡   E 矢車草の花(香川万知子)     

西村正美
E 馬車はそよ風 E 青春の杯  E さすらいのジンタ  E 母を慕いて  E 果てなき旅路 
E 青春の夢は微笑む E 旅路は涯なく       

新田八郎
H 南洋航路 E 青空に歌う  E 東京の船唄  E 旅行く兄弟  E くろかみ日記 
E 前線の唄 E 啄木の歌  H 鴻恩に泣く  E 宵待草隊長  E 国境の秋 

日本橋きみ栄
E 島の夕波 E 大川夜情  E 五月雨傘  C 蛇の目のかげで  E 戦地の空へ 

野崎整子
P 潮来島田 H むらさきの花  E 乙女椿  E さくら吹雪と  E わたしは島の紅椿 

野沢一馬
E 旅のギター流し H 青春の旅路  E チャイナ街の花売娘  P 流れのギター  P 裏町ギター 
P 雨の岬 P 霧の夜のエレジー  P 青い月夜の港町  P 青春ロマン  P 青春流し唄 
P ピエロの恋  E 旅路の雨       

能沢佳子
H 乙女心は花かしら H 涙の十字架  H 残り火の恋  H 東京の花嫁さん   

野村雪子
C おばこマドロス C おばこ船頭さん P りんご子守唄 E 伊豆の踊り子 C 初恋シャンソン
C 初恋ワルツ P 湯の町ワルツ P 娘船長さん E 二十歳の恋 H 名残り船 
H 初島エレジー E 潮来想えば  H 波止場でさようなら  E すずらん馬車  E 初恋船唄 
E まこもの陰で E 灯台船唄  E 追分千鳥  E 娘浜唄  E あんこマドロス 
E ジンタ船 H おけさ千鳥  E 花の港のマドロスさん     

灰田勝彦
C アルプスの牧場 C ジャワのマンゴ売り C バタビアの夜は更けて C 雨の酒場 C 加藤部隊の歌
P 兄は征く C 紫のタンゴ H 新橋駅でさようなら C 新雪 C 森の小径
C 水色のスーツケース P 想い出のカンナ C 東京の屋根の下 C 東京よさようなら C 野球小僧
C 鈴懸の径 C 燦めく星座 E 青春サーカス E 密使の幌馬車  E 夢で逢いましょう 
E ジャワの夕月 E 僚機よさらば  E 君と行くアメリカ航路  E あゝ東京は夜もすがら  E かまぼこ馬車 
C ラバウル海軍航空隊 E 戦場ハーモニカ  E センチメンタル・ナイト  E 東京の空恋し  E 東京エレジー 
P リラの街角  P 恋はバラの花か  E 美しき星  E 街灯り  E 夜霧の貨物船 
E 旅の心に雨が降る  E 思ひ出の罌栗       

橋本一郎
H 花嫁双六 H 軍靴千里 H 勝鬨の丘 H 船頭しぐれ E 片羽鳥 
E 希望の青空(ミスタイヘイ) E 星影追うて  E 東京恋しや  E 故郷もとめて  E 曠野の北斗星 
E 勇士とその妻  H 恋無情(一条弘)       

服部富子
C 満州娘 P 雨の忘れな草 H 小鳥娘  P 愛国娘  H 軍港の乙女 
E 妹の歌  E 制服の乙女       

林 伊佐雄
C ダンスパーティーの夜 H 愛の青空 C 愛染草 P 銀座夜曲 C 高原の宿
H 三つの恋 H 女性の戦い C 想い出のブンガワンソロ C 麗人草の歌 E 幾山河 
P からゆきさんの唄  E 下田の雨  E 旅する人々  E 大陸の兄弟  C 若しも月給が上ったら 
H 故郷の丘に泣かず E 曠野はるかに  E 上海の波止場  E 恋の幌馬車  E 馬車に揺られて 
E 男涙を誰か知る E 追憶のパイプ  E そっとこのまま  E 道頓堀の雨  E 若草の歌 
E 海棠の歌  E 漢口航路  E 青春二重奏  E 青春の花束  P 旅のバンジョー 
E 八幡製鉄の唄  E 若い心よ旅に出よう  E 愛の凱歌  E 雪のラーゲル  P 夜のバラード 
E リンゴ花咲く丘 C 花散る町  H 東京夫人  H 青い湖   

樋口静雄
C 長崎シャンソン H 戦線花咲けど H 土と兵隊の歌 H 緑の幌馬車  E 二輪の桜
C チンライ節 E 旅に降る雨  E 涙の責任 E 満州娘  E 春雨郵便 
E 玩具と兵隊 E 別れの君が代  E 月の蒙古路  E 女よなぜ泣く  E 国境悲歌 
E 二人ゆく人生 E 宮本武蔵の唄  E 国境に陽は落ちて  E 青い服の女  E 国境子守唄 
E 愛の山河 E 大陸の合唱  E 人生の旅路     

平野愛子
C 君待てども C 港が見える丘 C 白い船のいる港 P 愛の紅椿  E 夜霧の砂丘 
P 落葉のブルース P 銀座新地図  E 虹よいつまでも  E あなたの足おと   

藤島桓夫
C お月さん今晩は C かえりの港 C さよなら港 H たった一言なぜ言えぬ C アンコなぜ泣く
C 初めて来た港 P 流し船唄 P めおと船頭唄 P 俺は船乗り P 下田港に雨が降る
P 三月たったら又来るぜ P 十兵衛花の旅 P 村の駐在所 P 炭鉱恋唄 P 利根の恋唄
E あゝ東京へ汽車は行く E 凧々あがれ  P 若い船頭だよ  E また来た港  H 恋は嘘でなかった 
H 旅の港町 H 流れのエトランゼ  E だからさ  E さよなら鴎  E ネオンのかげで嘆く男 
E 俺はひとりもの E 男涙のあるかぎり  E 破れソフトのギター流し  H 男じゃないか  H 夕焼け港 
H 恋さるゝ身は  E 潮来むすめ  E 波止場の鴎  E 波止場物語  E ふたりの港 
E 青春の歌声 H 便りをおくれ  E 旅行くつばくろ  E あゝ二十二人の若人よ  E 貨物船のマドロス 
E 別れのポンポン船 E ロマンの幌馬車  E マドロスエレジー     

藤本二三吉
C 浪花小唄 C 祇園小唄 E 横須賀音頭     

藤本二三代
P 東京がなにさ C 夢見る乙女 E 好きな人 E 花の十九よさようなら E 白樺郵便 
E 花の大理石通り E 武蔵野に泣く  E あの波の果てまで  E 花摘み日記  E 東京の空の下で 
E あゝ美しき人ゆえに E 明日は東京へ帰る人  E すみれ娘  E 八丈月夜唄  E 傷心の湖畔 

藤山一郎
E さらば青春(惜しめど) C さらば青春(愛と希望) E せめて淡雪 C なつかしの歌声 C キャンプ小唄
C コンロン越えて C スキーの唄 C 影を慕いて C 回想譜 H 歓喜の丘
C 丘を越えて C 酒は涙か溜め息か C 青い背広で C 青春日記 C 川原鳩なら
H 嘆きのピエロ H 男の魂 C 男の純情 C 東京ラプソディ C 燃える御神火
C 白虎隊 C 僕の青春 C 旅の隊商 H 恋の湯の町 C みどりの雨
C ニコライの鐘 C 花の素顔 C 丘は花ざかり C 三日月娘 C 山のかなたに
C 青い山脈 H 青春賛歌 H 青春旅情 C 浅草の唄 H 知らぬ他国で
H 茶房の花 H 長崎の雨 C 長崎の鐘 H 長崎の夜 H 長崎ブルース
H 東京の雨 C 東京娘 C 白薔薇は咲けど C 鳩笛を吹く女 C 夢淡き東京
P 揺れる青空 C 懐かしのボレロ P 銀座セレナーデ C 青い牧場 C 赤い花
H 怒涛万里 C 白鳥の歌 C 夜明けの唄 C 勇敢なる航空兵 H 嘆きの小鳩
H 恋は馬車にのって P ふるさとの馬車 H 嘆きの小鳩  E 僕の東京  E 春呼ぶ自動車 
E また逢う日まで H なつかしの時計台  E 銀座八丁  C 友情の歌  H 青春ラプソディー 
E あの灯あの街 E 三崎恋しや  E 走れトロイカ  E 駱駝に揺られて  E 街のセレナーデ 
E あこがれの歌  E さすらいの馬車  E ほがらかソング  P 美しき高原  P 胸に降る雨 
P 空は青いぞ  P 東京の灯  E 緑の旅情  E 想い出の旅情  P 国境の春 
H 戦場宵待草  P 可愛いソニヤ  E 国境に咲く花  P 青い月の夜は  P あわきあこがれ 
E 京都の夜  E 憧れの東京  E 明るい歌声  E 若人の歌  E 母恋うたそがれ 
E 母の微笑  H 日蔭花  P 東京ルムバ  E 上海血戦譜   

藤原亮子
E 矢車草の歌 E 今宵別れて E 涙のギター E 泪のコンパクト  H 南進女性 
E 南の乙女鳥  E 純情日記  E 乙女椿     

二葉あき子
C あの花この花 E あの夢この夢 C さよならルンバ C めんこい仔馬 C フランチェスカの鐘
H 伊豆はなつかし H 雨の波止場 E 乙女十九 C 希望をたずねて H 輝く青春
P 銀座シャンソン C 古き花園 P 荒野の夜風 C 高原の月 P 七つ星の歌
C 捨てられた薔薇 C 春よいずこ C 純情の丘 C 新妻鏡 C 水色のワルツ
H 追憶の雨 H 東京セレナーデ C 緋房の籠 C 別れても E 別れ路の歌
C 夢よもう一度 H 霧の港のノスタルジア C 夜のプラットホーム C 恋のアマリリス C 恋の曼珠沙華
H 瞼の故郷 C 薔薇のルンバ C 村の一本橋 H 密林の月  E 無情の花 
H ビロードの月  E 涙の胡弓  E 涙のあと  E 帰らぬ夢  E 白衣の乙女 
E 君を思えば  E オリーブの歌  E 浮草物語  E 涙のネオンサイン  E 忘れじの歌 
E 忘れな草の歌  E 起てよ女性  P 悲しきすみれ  P 葵の唄  P 青い樹蔭 
P 夜のひなげし  P 能里子の唄  E 夕月の丘  E 遠きふるさと   

フランク永井
C たそがれ酒場 C 哀愁ギター C 羽田発七時五十分 C 俺は淋しいんだ C 街角のギター
C 場末のペット吹き C 西銀座駅前 C 東京ナイトクラブ C 東京午前三時 C 夜霧に消えたチャコ
C 夜霧の第二国道 C 有楽町で逢いましょう C 林檎ッコ  C 冷たいキッス  E 雨のメリケン波止場 
E 夜行列車  E 当って砕けろ  E 夜間飛行  E 泣くなサキソフォン  E 追憶の女 
E 望郷  E わかれ  E 哀愁の海  E 青い国道  E 泣いちゃった 
E 涙なんか  E 若い潮  C 13800円  E ふるさとの風  P 札幌発最終便 

真木不二夫
H わかれ岬 H ギター渡り鳥 C 丘の上の白い校舎 H 泣くな片妻 C 空が晴れたら
H 湖畔の馬車 H 人生サーカス C 東京へ行こうよ H 憧れのパラダイス H 並木の街に雨が降る
E 片瀬夜曲 H 慕情岬 H 夢の流れに E 霧の港 H 旅情の唄
C 泪の夜汽車 H 泪の連絡船 H ダコタへの馬車  E トラジの故郷  E 男三度笠 
H 再見上海 E 流れる母  E パラダイス東京  E みかえり岬  E 君住む島 
E たそがれ岬 E 悲しき故郷  E 吹雪の国境  E 夕陽の鳥  E 城ヶ島の灯 
E 泪の雛げし E 加茂の夕月  E さよなら東京港  E 果てなき丘  E 恋の十字路 
E 東京暮色 E 愛の舗道  E みどりの丘越えて  E 別れ湯の香  E 波止場旅情 
E 春は逝く E 二人で待とう  E 渡り鳥  H 哀しき富士の白雪よ  H 山の呼ぶ声母の声 
E 男の十字路  E 東京の裏窓  E 泪のさすらい馬車  E 湯の町月夜  H 別れの夜汽車 
E オリーブの花咲く小島  H バイバイシャンソン  E 高原の羊飼い     

松島詩子
C なほみの唄 C マロニエの並木路 C マロニエの木蔭 C 夕べ仄かに H 泪の春
H 高原の乙女 H 流れの母子鳥 H 緑蔭の愛誦 E 夢の逢瀬 E 上海の踊り子 
E 流れの母子鳥 E 大島航路  E 女の行く道  H 喫茶店の片隅で  E 母よ何処 
E 思い出の雪  E 青い花なら  E 戦地の兄さんへ  E 霧の上海  E 空ゆくわが子 
E 四季の夢 P ふるさとの母  P 私のアルベール  E 坊やも軍人  H 暁は遠けれど 
P 若い母の唄  P 半島夜曲  P さよならも言わないで  E サーカス娘  H 女の友情の唄 
E 花の溜息  E 沙羅の花  E 高原の乙女  E 南京の踊り子  E 田園の夢唄 
E 嘆きの母         

松平 晃
C さらば故郷 H はてなき旅 H キャンプの唄 H キャンプの夢 C サーカスの唄
H 沖のかもめ C 花言葉の唄 H 希望の港 C 希望の首途 H 輝く春
C 急げ幌馬車 C 港の雨 C 人妻椿 H 吹雪を衝いて H 吹雪峠
H 村雨小唄 C 忘られぬ花 C 望郷の唄 C 夕日は落ちて C 利根の舟唄
H 曠野を行く E 妹よ H あゝ影やせて  C 上海航路  C 初恋日記 
E 石と兵隊  E 別れのトロイカ  E 月の砂漠  E 利根の夜霧  E 胸の傷手 
E 夢の大島 E 嘆きの丘  E いとしの島影  E ハルピン旅情  E 何にも言うまい 
E 若き日の胸 E 月夜の面影  E 別れ行く  E 麦と兵隊  H 若きこの春 
P 燃ゆる人生  P 泪のタンゴ  H 夢のあと  H あゝ校庭に花散りて  H 黄昏の路 
H 曠野の彼方  H 銀嶺に踊る  H 月のセレナーデ  P 波路を越えて  P 小鳥売りの歌 
H さらば戦友  E さくら進軍       

松山恵子
C だから言ったじゃないの C 泣いたって駄目さ C 十九の浮草 P 初恋郵便 P 東京なんて何さ
C 未練の波止場 E 鳴門千鳥 H わたしゃ浮草 H 乙女舟唄 E むすめ踏切番 
E 海のにおいのする町 E ひとりぽっちの三等車  E 哀愁の駅     

松山時夫
C 片瀬波 P 河原の月 E 故郷はるか E 駅路の秋   

豆千代
E 喫茶店哀話 E 命捧げて E 利根の河原に     

三宅広一
E 逢いに来ましたお父さん H 鐘つき小僧       

三浦洸一
C ああダムの町 E さすらいの恋唄 P 釧路の駅でさようなら P 玄海だより C 珠はくだけず
C 男なら C 東京の人 C 郵便船が来たとョー C 踊子 C 落葉しぐれ
P おいらマドロス浮寝鳥 P ギター舟唄 P マドロス兄弟 C 街燈 P 港は男の泣くところ
C 大阪の人 P 炭鉱の町 P 男の唄 C 弁天小僧 P 望郷の港
P 北海だより P 落城の唄 P 旅路の港 H 裏窓のギター P ふるさとの岬
E 桜の園 H 君ありてこそ  H 哀愁のガス灯  E 新月よりの使者  E 月夜しぐれ 
E さらば東京いつ逢える E 潮来の兄妹  P 三輌目の人  H 発車三分前  H 旅路の港 
E 裏町セレナーデ P 帰って来た男  H 波止場しぐれ  E 慕情の唄  E 泣くな霧笛よ灯台よ 
E 旅路の港 E 月の泊まり船  E 哀愁  E 冷たい小雨の港町  E 雨の岬のたより船 
E 故郷恋いギター  E 旅愁はてなし       

三門順子
C 日の丸子守唄 E 忠義ざくら E 椿咲く島  E 花嫁軍歌  E 浮世小唄 
H 浅間日暮れて H 天竜二十五里  E 雨になりそうね  E それでいいのよ   

ミスコロムビア
P どなた乗せましょ C 愛馬花嫁 C 愛馬進軍歌 C 街の姫百合 E 秋の銀座
C 十九の春 C 真白き富士の嶺 H 朝月夕月 H 島の星月夜 H 峠の雨
C 並木の雨 H 純情一路 H 河原すすき H 夕の鐘 H 気まぐれ涙
H 港の歌 H 母子草の唄 E おもかげの歌  H おとめの日  H 悲しき踊り子 
H 山の夕霧 E 乙女七人  E 乙女の丘  E お蝶夫人の唄  H 東京双六 
E ビワコセレナーデ E 乙女の首途  E あの山越えて  E 母の歌  E 乙女鈴蘭 
H 恋の朧月 E 婦人愛国の歌(皇御国の)  E 旅の紅雀  E 婦人愛国の歌(抱いた坊やの)  H 日本よい国 
E 浮草の唄  E 出征子守唄  P ヒュッテの一夜  P 女性進軍  P 青い月夜の恋 
H 乙女鳥  E 青春の丘  E 伊豆の子守唄     

水原 淳
E 旅路は暮れて(下雅意鎮次)  H 湯の町ながし  E 天城の夕月  E 旅の片割れ月   

美空ひばり
C お役者道中 C ひばりのマドロスさん C ひばりの花売娘 C ひばりの三度笠 C ひよどり草紙
C 越後獅子の唄 C 角兵衛獅子の唄 C 君はマドロス海つばめ C 港町十三番地 C 三味線マドロス
C 私は街の子 C 青春の恋人たち C 雪之丞変化 C 長崎の蝶々さん C 怒涛の男
C 波止場だよお父つぁん H 悲しき小鳩 C 娘船頭さん C 陽気な渡り鳥 P 旅のサーカス
P 旅の角兵獅子 C あの丘越えて P むすめ旅笠 P 愛の明星 C 伊豆の踊り子
P 花のオランダ船 C 急行青森行き C 江戸の闇太郎 P 港町さようなら P 珠姫物語
P 初夢道中 P 初恋マドロス P 瀬戸の通い船 P 湯島月夜 P 波止場小僧
P 白百合の歌 H 浜っ子マドロス P 母恋い扇 E 頬寄せて P 明玉夕玉
P 流れのギター姉妹 P 涙のはぐれ鳥 P 涙の紅薔薇 H あの日の船はもう来ない H あまんじゃくの歌
C お夏清十郎 C お祭りマンボ C ひばりが唄えば C ひばりの船唄 C ひばりの船長さん
C やくざ若衆祭り唄 C わたしゃ糸屋の器量よし C リンゴ園の少女 C 哀愁出船 C 哀愁波止場
C 花笠道中 C 我が家の燈火 C 楽しい日曜日 C 牛若丸 C 港は別れてゆくところ
C 山を守る兄弟 C 私のボーイフレンド C 素敵なランデブー C 津軽のふるさと C 東京キッド
C 二人の瞳 H 父恋し母恋し C 悲しき口笛 C こだまは歌うよ C 我が家の燈火
C 悲しい酒 P 母さんギター E 母を慕いて E お小姓すがた  E ふり袖ざくら 
E 青い海原  H 港町さようなら  E べらんめぇ芸者  H 月形半平太の唄  H おしどり花笠 
H 青空天使  H 旅のチャリンコ娘  H さよなら波止場  H さすらいの雨  H いで湯の灯 
E 初恋小鳩  E 銀座四丁目  H それはナイショ  H 夕焼け峠  H ヨコハマ物語 
E ジンタ悲しや  E 乙女旅  E つばなの小径  E 伊豆の乗り合バス  E 裏町パラダイス 
E 街角の風船屋  P ひとりぼっちのお月様  P 唄祭り八百八丁  E おばこ吹雪  P 銀ブラ娘 

美ち奴
C ああそれなのに H おけさ娘 C 吉良の仁吉 H 櫛巻くずし C 軍国の母
H 守備兵日記 H 身代わり警備 H 霧の四馬路 H 曠野に咲く花  H 軍国花嫁人形
P シャンラン節  E 軍国佐渡情話  E あヽ恋無情  E 月の四馬路  E 雨の四馬路 
E 東京双六  E 夢は国境線  P 椿島田  E 希望の人生   

三波春夫
C チャンチキおけさ C 雪の渡り鳥 C 船方さんよ C 天龍しぶき笠 E 旅笠道中 
E 鴛鴦道中  E 霧の中の渡り鳥  E 別れ汐時     

三橋美智也
C ああ新撰組 C あの娘が泣いてる波止場 C おさげと花と地蔵さんと C おんな船頭唄 P こけしぼっこ
C ご機嫌さんよ達者かね P みかんの故里 C ギター鴎 C リンゴ花咲く故郷へ C リンゴ村から
C 哀愁列車 P 逢いぞめ笠 C 縁があったらまた逢おう C 君は海鳥渡り鳥 C 玄海船乗り
C 手まり数え唄 C 酒の苦さよ C 小島の鴎 C 笛吹き峠 C 島の船唄
C 東京見物 C 母恋吹雪 C 木曾恋がらす P 流れ星だよ H みれん峠
C 古城 C 草笛の丘 C 江差恋しや C 夜霧のデッキ H 別れ笛
C 泪と侍 C 俺ら炭坑夫  H おけさ船唄  H 里恋がらす  H 御存じ赤城山 
P 兄ちゃん案山子  H 島の見える峠  H 男の旅笠     

三原一夫
E 天城しぐれて E 君呼ぶギター H 君を慕いて  P あこがれの東京  P さよなら波止場 

三原純子
C 南から南から P しのび泣く雨 E 真昼の丘 E 帰ろう帰ろう漢口へ  E 妻も恋す 
E 乙女よ朗らかに E 砧月夜  E 母鳩小鳩  E さらば東京  E 月に唄う 
E 乙女なりゃこそ         

三船 浩
C さようなら故郷さん C サワーグラスの哀愁 C 男のブルース E 東京だより C 夜霧の滑走路
C 恋なんて捨てっちまえ E 古城の四季 E 枯れ葦小唄 H 嘘じゃないんだ  E 夜更けの酒場 

宮城しのぶ
E 南国の馬車 E 恋の旅笠 E 恋狼火の唄  E 嘆きのつばくろ   

宮城まり子
P 浅間しぐれ P 愛恋しぐれ P 可愛い港の花売娘  E 夜汽車の女  E 夜汽車の窓で 
E 娘流し唄         

村沢可夫
E 見果てぬ夢 E 別れといえば君泣きぬ P 月夜の子守唄  H 白樺物語   

山田真二
C 哀愁の街に霧が降る C 島の娘よさようなら H 慕情の湖     

山中みゆき
C ほんとにほんとにご苦労ね H 浮世の旅路      

結城道子
H 雨の日曜日 H 純情月夜 H 波に想いを E 大陸哀歌  E 嘆きの小鳩 
E 鹿の子草紙 P 通州の丘       

由利あけみ
C 熱海ブルース C 長崎物語 H 愛国六人娘 E 国境の春 H 忘られぬ瞳
E 愛の赤十字 E 東京新地図  P ハルピン夜曲  P 乙女鶯   

横山郁子
P ジャバ旅愁 E 椿咲く頃 H 春の口笛  E 竜胆の花咲けば  E 利根の母子 
E 軍国船頭唄 E 潮の揺籠  E 雨の波止場  E 軍港娘  E 北満花嫁だより 

吉岡妙子
H 私の幸福はどこに H 湖は霧深く H 東京シルエット  E 南のセレナード   

四家文子
C 銀座の柳 H 伊豆の踊子 C わたしこの頃変なのよ  C 不壊の白珠   

李 香蘭
H 乙女の祈り H 花占い C 迎春花 H 月下の胡弓 C 赤い睡蓮
H 蘇州の夜 C 東京夜曲 C 夜霧の馬車 C 夜来香 E 興亜三人娘
H 夢の太湖船 H 夕月乙女  H 若き日の夢  E サヨンの歌  E 港つばめ 
P 北京の子守唄        

若原一郎
C おーい中村君 C つばくろ笠 C ハンドル人生 C 丘にのぼりて C 港のおりくさん
C 山蔭の道 C 吹けば飛ぶよな H 船に灯がつきゃ C 風の吹きよで C 裏町のピエロ
E 港のガスランプ E 城ヶ島の舟唄 E 潮来舟唄  H 街の山彦  H 東京ナイト 
E 小島の灯り E 千曲川旅愁  H 夜霧の有楽町  E 波浮の船唄  E 巷の雨に濡れ乍ら 

若山 彰
C 喜びも悲しみも幾年月 E 男の酒場  E 形見のギター  E 惜春鳥  H さらばふるさと山の町 
E 嘆きの三人旅        

渡辺はま子
C あゝモンテンルパの夜は更けて C あゝモンテンルパの丘に泣く C いとしあの星 C 愛国の花 C 雨のオランダ坂
C 火の鳥 C 桑港のチャイナタウン C 広東ブルース C 支那の夜 C 蘇州夜曲
C 長崎のお蝶さん C 東京の夜 C 風は海から C 忘れちゃいやよ C 想兄譜
H 白蓮のかおり C 何日君再来 E 峠を越えて帰ろうよ  E 直八子供旅  E 嘆きの乙女旅 
E 人生の丘(加藤勉) H 悲しき恋よさようなら  E 浪花セレナーデ  E サヨンの鐘  E りぼんむすめ 
E 夏子の歌 E 七つの星座  P 恋の小鳥  P 旅空夜空  P センチメンタルキッス 
E 峠の花 E 嘆きのボレロ  P あの山かげ  H 愛の花園  H おらんだ船 
E おらんだ夜船        

渡辺光子
C 春の唄(月村光子) C 街の流れ鳥(渡辺光子) H さすらいの踊子(渡辺光子) C 幌馬車の唄(渡瀬春枝) C 時雨ひととき(渡瀬春枝)
E めぐり逢わねば(和田春子) P 哀しき口笛(渡辺光子)       

和田弘とマヒナスターズ
C 泣かないで C 夜霧の空の終着港      

その他
C 籠の鳥 C つわものの歌 C ズンドコ節 C 可愛いスウチャン C 軍隊小唄
C 美しき天然 C 婦人従軍歌 P 朝 C 波浮の港 C 満州里小唄
C 琵琶湖周航の歌        
C ほんとにそうなら(赤坂小梅) E 国境の月(南邦雄)  E 浮世投げ節(大友柳太郎)  C 戦友の遺骨を抱いて(石井亀次郎) H 純情の天使(若原春江)
E 港の恋風(久富吉晴)  C あの夢この夢(伏見信子)  E 久し振りだよ(遠山春夫)  C 道頓堀行進曲(内海一郎) P 護れわが空(奥田良三)
E 大陸航路(米山博夫)  E 主の凱旋(百太郎)  E 裾野三里(染千代)  P だって嫌よ(静ときわ)  C 小雨の丘(小夜福子)
E 夢さそうハワイ(ベティ稲田)  C あめやの唄(小林重四郎)  E 恋慕流し(大宮小夜子)  P 蒲田行進曲(曽我直子) C 沓掛小唄(曽我直子)
C 森の水車(高峰秀子) E ふるさと淡路(中村柾子)  E 愛の鈴蘭(水原美也子)  C あなたなしでは(能勢妙子) C 女給の唄(羽衣歌子)
P 大陸行進曲(藤原義江) C 特幹の歌(藤原義江) C 君恋し(二村定一) C 浅草行進曲(二村定一) E 純情子守唄(高杉妙子) 
E さらば愛馬よ(日置静)  C 牡丹の曲(山田五十鈴) E 祖国の花(轟夕起子)  P 想い出の丘(山田道夫) P 笛吹けど(山田道夫)
H 吹雪の曠野(米山博夫) C 酋長の娘(中村慶子)  E 大地を踏んで(波岡惣一郎)  E かちどきの歌(波岡惣一郎)  H 銀幕ぶし(田中絹代)
E 一尺の土(青山伸) E 男は泣かず(荒貞夫)  E 煙草と兵隊(下村寛)  H 地上の星座(井崎嘉代子)  E 戦線夜更けて(林 東馬) 
E 風に吹かれて(木村肇)  E バテレン娘(橘 良江)  E 満州だより(橘 良江)  H 街の椿姫(青山伸)  E 思い直して頂戴な(川田定子) 
H 乙女椿(竹田友紀子)  E おもい出の都(糸井しだれ)  E 云いたいことも云わないで(水原美也子)  E 千代紙人形(安田寿美)  E すみれの唄(霧立のぼる) 
E 夢でもいいから(三浦房子)  H 風も吹きよで(丸山和歌子)  E 君を送りて(加美加那子)  E 涙の旅笠(島津英夫)  E 乳首の唄(杉狂児) 
E 旅ゆく踊子(高杉妙子)  E 鳥追いざんげ(浅草染千代)  E 国境の乗合馬車(秩父晴夫)  E 想い出の丘(中村柾子)  E 靖国神社のお父さん(飯田ふさ江) 
E しぐれ旅(染千代)  E 新月抄の歌(立松晃)  E 国境超えて(河東田敏子)  E 赤い幌馬車(河東田敏子)  E なつかしの母(竹内竜夫) 
E 七里ヶ浜(高田稔)  P 時計台の鐘(高階ます子)  E 船頭子守唄(松山寛)  E 出島の月(染千代)  E 陣営夜半(秩父晴夫) 
E 夢のお便り(喜代丸)  E 戦線月夜(豆太) P 伊豆の灯影(南邦雄)  P 秋はさみしい(糸井しだれ)  P 花の燈篭まつり(松山映子) 
P おもいでの柳(弥生ひばり)  P 女給哀歌(神田千鶴子)  E 合歓の木陰で(岡蘭子)  E 若鷲の母(大谷冽子)  E 燦めく星座(沢雅子) 
E 花散る校庭(轟夕起子)   H 沖の小島(藤田正夫)  P 愛の嵐(中村柾子)  E 陽炎もえて(芝幸二)  P 桃の丘越え(松山映子) 
P 今日の船出(中村柾子)  P 銀座ブルース(三浦房子)  P 中野小唄(小杉真紀子) P 風流深川唄(小林重四郎)  E 湖底の古里(小沢秀夫) 
E 故郷の友(湯山光三郎)  E 女性の罠(青山伸)  E 春の絵日傘(早川雄三)     
         
         
E 望郷列車(明石光司) P わかれ道(荒井恵子) P 女という城(乙羽信子) E 湖畔夜曲(月丘夢路)  H わが恋はリラの木陰に(宮城野由美子)
C カスバの女(エト邦枝) E 流転がらす(針谷謙二) C 午前二時のブルース(小川静江) P 海が鳴る(奥則夫) H 湖水物語(山本富士子) 
H 暁の合唱(香川京子) C 十九の春(神楽坂浮子) E ご存知鞍馬天狗(中島 孝)  C 鐘の鳴る丘(川田正子) E 浪花の雨(中原葉子) 
C 嘆きのブルービギン(黒木曜子) C 青春サイクリング(小阪一也) C 君は遥かな(佐田啓二) E 遠き日の涙(生田恵子) C 東京ワルツ(千代田照子)
E 待ちましょう(松田トシ)  H 男のブルース(林康夫)  E 流転笠(今村 隆)  E 砂山の花(小川静江)  H うるわしの虹(浜 達美)
E 港の渡り鳥(渡辺三枝子)  C 無法松の一生(村田英雄) H 哀愁の橋(山本富士子) E 旅の歌姫(生田恵子) E 鳥追ながれ唄(及川三千代)
E 南国情話(若山彰、能沢佳子)   E 月の名残り船(若杉啓二)  E 別れの夜汽車(青山一郎)  H 花のゆくえ(及川由子) E 女心に雨が降る(草葉ひかる) 
E 若者よ恋をしろ(中島 孝)  E 形見の舞扇(山路智子)  E 泣くな十九の乙女鳥(荒川文子)  E 乙女の旅路(荒川文子)  E あの夜君なくば(折原啓子) 
E 流れ行く花(藤村茂夫)  E 起き上がり小法師(羽山和男)  E すっとび仁義(橋幸夫)  E 別れの潮風(貴島正一)  E 街角のギター(高橋浩二) 
E 君恋しさに(柳田一夫)   E 熱海エレジー(三岐麗子)  E 千太郎笠(東海林和夫)  E 白い橋(草笛光子)  E さらば東京恋の町(若杉啓二) 
E 私がリルよ(三条美紀)  E ふるさとはいゝなァ(中川姿子)  E 旅ゆく小鳩(三鳩ひとみ)  E 旅の目なし鳥(三鳩ひとみ)  E 涙の母子鶴(江利チエミ) 
E E 旅の紅椿(平井輝夫)  E しぐれ舟唄(天城英雄)  E 夕焼け三度笠(北見和夫)  E ワインカラーの哀愁(大江洋一)  E 荷物片手に(森繁久弥) 
E E 国境の小糠星(鳥羽晃一)  E 俺らにゃないのか青春が(小野透)  E 北上夜曲(多摩幸子)  E 天龍三度笠(天城英雄)  E 母孔雀の唄(西田佐知子) 
E 嘆きの幌馬車(鳥羽晃一)  E 雨の桟橋(田代京子)  C 枕ぬらして(照菊)  P 涙の舞扇(折原啓子)  E 流転街道(鈴村一郎) 
E さすらいの艶歌師(谷輝夫)  P 泣かせるぜ(川村淳)  E ウラルを超えて(磐城康郎)  P なさけ横丁(北見和夫)  H 雨の夜曲(今村隆)  
P 湖畔の黄昏(原田美枝子)  E 君を愛す(山本富士子)  E 東京の青い鳥(篠原健)  E 男泪は嘘じゃない(若杉啓二)  E 土俵の華(峰村孝夫) 
H 別れ灯台(針谷謙二)  P いとしき花(井原道子)  E 愛の雨降る(川久保実)  E 恋のはぐれ鳥(羽島充子)  E 娘サンドイッチマン(雪村いずみ) 
P 花の街  H 港の渡り鳥(島宗久夫)  E 峠の雨(乙羽信子)  H 逢初道中(照菊)  E 旅路の通り雨(島英夫) 
E 別れの波止場(加藤雅夫)  H 恋のブルース(日高澄子)  E 涙の歌姫(小夜宮孝子)  E さいはての旅愁(豊田泰光)  E 笛吹童子 
E 港町エレジー(菅原一郎)  E ハマのあだ花(三岐麗子)  E 糸魚川エレジー(藤田 謙)     
         
         

記号の意味
P 楽譜ピース C Cメロ譜 H 部分採譜補填 E 全採譜  

説明
上記のmidiは市販の楽譜から作成したものが大部分です。市販の楽譜はレコードの旋律と必ず一致するものとは限りません。
メロディ部は相違ありませんが前奏、間奏、後奏は全く異なる場合がございます。
また、1部の曲はレコードを耳で聴いて楽譜を興して作成した曲も有り、聴き取りミス等で若干レコードと異なる場合もあります。

inserted by FC2 system